シロアリ予防・駆除施工に関する気になるポイントを解消しよう

家で起こるトラブルは、水のトラブルなど様々ですが、害虫などによって被害にあうケースにお困りの方もいらっしゃると思います。例えば、人を刺すトコジラミは人間に害をもたらしますが、建物に被害を与えるのがシロアリです。
シロアリを見かけたときは、駆除が重要になってきます。しかし、見かける前の予防もとても大切だと言われています。一般的に駆除と予防は一緒に行われるほどで、シロアリの対策をするには、この二つは必須と言えます。

シロアリ駆除

シロアリ駆除・予防をする二つの工事

シロアリの被害は、身近なものです。自分には関係ないと思っている人も多いと思いますが、シロアリは日本各地に生息しており、食害に悩まされる方は、沢山います。シロアリによる食害を食い止めるには、状況を把握し適切に処置しなければなりません。羽アリを見かけた、壁を叩くと空洞音がする、巣や蟻道を発見したなど、シロアリの被害が確認できた場合は、徹底的に駆除することが大切です。
クロアリと見間違えやすいこともあるので、ご自身で判断するときは注意しましょう。被害が確認されなかった場合でも、安心はできません。被害が現在なかったとしても、防蟻処理、つまり予防を行うことが得策と言えます。

シロアリ予防

侵入防ぐシロアリ予防

シロアリ予防は、その名の通り、侵入を防ぐために行うものです。シロアリの侵入を防ぐことは、木材への食害を防ぐことにもつながります。シロアリの被害が発生すると、土台や柱などが被害にあうことが多いです。こういった部分の修理は、手間だけでなく、コストもかかりますし、仕上がりによってはきれいにならないこともあります。こういった事態を避けるためにも、予防は必要なのです。
予防というと、古い家屋しか必要ないように感じるかもしれませんが、新築でも予防は必要です。大切な家屋をシロアリから守るための予防に、築年数は関係ありません。

すでに被害が出ているときはシロアリ駆除

シロアリの予防は大切なことですが、既に被害が出ているときは駆除を行わなくてはいけません。しかし、ご自身で完全な駆除を行うのは大変です。シロアリの被害に気づいたら、すぐにでも業者に依頼するのが一番です。駆除を業者に依頼したら、もう安心…と落ち着きたいところですが、じつは駆除だけでは、またシロアリが侵入してくることがあります。このため被害にあったら、シロアリ駆除は予防はセットで行う必要がある、ということを覚えておきましょう。

シロアリ駆除工事の工程

シロアリを見つけた場合は、すぐさま業者を呼ばれる方が多いと思います。では、実際にシロアリ駆除工事を依頼した場合は、どのような工程を踏むか気になりませんか?
シロアリ駆除は、そんなに頻繁に行うものではありません。そのため大半の方が、シロアリ駆除が一体どのような手順で進んでいくのか疑問に思うと思います。工程がわかっていると、シロアリ駆除当日でも安心できるかもしれませんね。

シロアリ駆除の工程

シロアリ駆除開始から完了まで

シロアリ駆除は、実際に業者がするとはいえ、どのように行っているのか気になるところです。順に見ていきましょう。
1.床下に侵入する 多くは、キッチンなどにある床下収納庫より侵入していきます。畳の下などから侵入することもあるようです。進入口を確保したら、進入口付近を養生します。お客様の大切な住まいが汚れないようにするために必要なことです。

2.防除施工をする 養生まで終わったら、いよいよ施工です。まずは、木部へシロアリ薬剤を注入します。この作業は、シロアリの被害が出ている全ての箇所に行います。シロアリ被害のない箇所には、防腐・防蟻剤を散布します。こうすることで、まだシロアリ被害が及んでいない部分を、シロアリやカビなどから守ることができます。最後に、基礎や土壌にも薬剤を散布します。土壌から、木部へ侵入してくるシロアリなので、この作業は必須と言えます。

3.室内の防除をする 床下が終わったら、今度は室内です。極力目立たない箇所に穴を開け、薬剤を注入していきます。天井裏、湿気の多い浴室、玄関も見逃せない箇所になります。

4.外周の駆除を予防を行う 建物の周囲も処理を行うことがあります。基礎の外回りを処理することで、シロアリの侵入を防ぎます。

5.養生や進入口を元に戻す 工程に必要な養生などを、元に戻します。

ざっと、こういった工程を経て、作業完了になります。

シロアリ駆除の費用はここが重要

シロアリ駆除費用を決めるのには、重要なポイントがいくつかあります。シロアリ駆除をするときに、気になるのが価格。できるだけ安い業者を探してしまいがちですが、料金以外にも目を向けるポイントはたくさんあります。
シロアリの種類や、どの程度の被害なのか、建物の構造、そして駆除方法などで坪単価も変わるので、相場だけをみて費用の予測するのは難しいです。しかし、大まかに分けるとすると、以下の表にある項目ごとに大体の費用を考えることができます。
しっかりと費用を比較したいのであれば、見積りをしてもらうと安心です。見積書をもらったら、その内容をよく確認しましょう。駆除に予防が含まれているものや、別途費用が必要なもの、保証があるかないかなど、会社によってまちまちなので、契約前に内容を確認しておくといいですね。

シロアリ駆除の費用が変わるポイント

シロアリの
種類
・ヤマトシロアリ
・イエシロアリ
・アメリカカンザイシロアリ
ヤマトシロアリは駆除方法が確立されている、加害速度が緩やかという特徴から、少ない費用で駆除できることも多いです。反対にイエシロアリは、加害速度が早く被害が広範囲になりやすく、駆除費用も高くなる傾向があります。難しいのは、アメリカカンザイシロアリです。まだ駆除方法が業者により異なるので、費用にばらつきがあるのが現状です。
シロアリの
駆除方法
・ベイト工法
・バリア工法
駆除方法にはベイト工法と、バリア工法のどちらかが行われることが一般的です。毒を仕掛けることで、シロアリの巣ごと駆除するベイト工法は、作業期間が長くなることがあります。そのため、ベイト工法の方が、施工費用が高くなるケースが多いです。対して、バリア工法の場合は、使用する薬剤や処理内容などによって駆除費用が上下します。
被害状況 ・シロアリの被害なし(予防のみ)
・シロアリの被害あり(駆除と予防)
被害の大きさは、費用を決めるのに重要な項目になってきます。どのトラブルにも言えることですが、被害が少ないうちや被害がないうちに駆除を行うほうがお得になります。早めの対策をするのに越したことはありません。すでに被害に遭っている場合は、予防もセットで行うことが多いですが、被害が大きくなってからだと、予防に費用がかかってしまうのです。
別途料金が
必要な工事
・はつり工事
・障害物の撤去
・被害箇所の修繕
シロアリ駆除には、駆除だけでなく別途料金が発生することがあります。家の状態によって変わってくるのが、はつり工事や障害物の撤去などです。作業をするのに、どうしても必要になるときは、これらの項目が加わるので追加料金が発生することもあります。また、被害箇所の修繕も、被害の大きさによっては必要になることもあります。

シロアリ対策について気になるポイント

シロアリを駆除するときの工法や、工程をここまで見ていきましたが、まだまだ疑問点が出てくるかもしれません。大まかな工程を知ることで、具体的な疑問点が浮かんでくることもありますよね。ここで、シロアリ駆除を依頼するときに気になるポイントをQ&A形式で分かりやすく紹介します。

シロアリ駆除にかかる時間は?

一般の住宅でおおよそ3時間前後と言われています。ただし、被害状況や、浴室など屋内にまで被害が及んでいるケースは、さらに時間がかかることも考えられます。時間がない!など、お時間について気になるときは、業者に被害状況を伝える、もしくは見てもらうことで、おおよそどれくらいの時間がかかるか説明をうけましょう。

シロアリ駆除のコスト

シロアリ駆除は雨の日でもできる?

シロアリ駆除は床下での作業が基本なので、雨の日でも駆除は可能です。駆除の際は、ご自宅などにお伺いするため、依頼主の方にご自宅にいていただく必要があります。お仕事などご事情はあるかと思いますので、施工日をご相談下さい。ただし、屋外の作業や警報になるほどの大雨の場合はできないこともあるので、業者にお尋ね下さい。

シロアリの予防はいつまで効果がある?

使用する薬剤にもよりますが、日本しろあり対策協会認定の薬剤だと、有効期限が5年に定められています。このため、5年を目安に、予防・点検・調査などをしていくのが良いと言われています。業者の判断で、5年を過ぎてからでも大丈夫なこともあるので、一度ご相談いただくと良いですね。

シロアリ駆除にホウ酸は有効?

シロアリ駆除や予防ににホウ酸が使われることもあります。物理的に移動しない限り、その場所に存在するホウ酸の特性を活かして、防虫や防蟻目的で使うことができるのです。ホウ酸は、目薬に使われるほどの高い安全性や、効果が持続するのが利点です。このような利点に着目し、欧米では防蟻のスタンダードになっています。

ベイト工法とバリア工法どちらを選べばいい?

シロアリ駆除には、ベイト工法とバリア工法があります。バリア工法は、薬剤を使ってシロアリの侵入を防ぐ効果があります。対して、ベイト工法は被害箇所や、家の周囲に毒エサを仕掛けます。どちらがより効果的かは被害状況によって変わりますので、業者に相談してみることをオススメします。

すぐにシロアリ被害を解決するならプロの業者によるシロアリ駆除がオススメ

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 4.50 )
Loading...
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み