えんどう

ヤマトシロアリは、日本で最も多く分布しているシロアリと言われています。
ヤマトシロアリは湿気で腐った木材を食し、かじりながら穴を開けてそこを巣穴とするので、古い木造建築の住宅がターゲットとなりやすいです。穴が大きくなりすぎると、住宅が傾いたり倒壊したりする恐れがあります。
そのため私共が受ける依頼や相談は、ヤマトシロアリに関するものが多い傾向があります。しかし私共は、イエシロアリの駆除にも力を入れております。イエシロアリは、ヤマトシロアリほど分布はしていませんが、一度住み着くとその場所で爆発的に繁殖する可能性があります。ヤマトシロアリと異なり地面を巣穴とするため、巣を広げやすいからだと言われています。100万匹ほどが、ひとつの群れとなっていることもあります。さらにヤマトシロアリよりも活動範囲も広く、1階だけでなく2階や3階の天井にも被害をもたらすことがあります。
そのため私共は、イエシロアリの駆除は、調査の段階から極力慎重におこなっております。お客様から依頼を受けて住宅を調査し、イエシロアリが発見された場合には速やかに駆除をし、発見されなかった場合には発生を防ぐ対策をおこなうよう努めております。木材への防腐剤の塗布や忌避剤の散布などといった方法でおこなう場合が多いです。
イエシロアリの駆除や調査を希望する場合は、まずは私共にご相談ください。
 
シロアリ駆除についての詳しい解説は、こちらをチェック!

0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み