山形市対応の弊社加盟店のご紹介

中央白蟻研究所
中央白蟻研究所は名の通り、シロアリについて長年に渡って研究し、駆除などに取り組んできた企業です。シロアリを駆除するにあたって大切なのは、まずシロアリがどのような生態をしているかを知ることです。シロアリは湿った木などを好みますので、木造で湿気の多い地域に家が建っているという方は特にシロアリの被害に遭いやすいため、普段から風通しを良くしておくことが大切です。また、シロアリは人間が心地良いと感じる木の匂いを大変嫌うという習性もあり、防虫用にヒノキなどで家を建てるのも有効な手段です。
しかしシロアリはあくまで自然の動物ですので、人間が良いだろうと思ってとった対策が効果が無いということもよくあります。中央白蟻研究所はシロアリについて豊富な知識と確かな技術力を持ち、お客様のシロアリのお悩みも素早く解決することでしょう。
救急水道24
救急水道24は、ご自宅のトラブルに迅速に対応し続けて実績を持つ企業です。シロアリ駆除に使用する薬剤はかつて大きな波紋を呼んだことがあります。人やペット、ひいては周囲の自然環境に影響が出るような強い物質が含まれていたためです。シロアリを退治するつもりが、人にまで被害が及ぶようになってしまっては意味がありません。当然近年ではこのような薬剤は使用禁止になり、使用を控えるところも多くなっています。しかし一度危険と認識されてしまったため、シロアリ駆除を行なう際に薬剤使用を嫌がる方もいらっしゃいます。シロアリ駆除は成分に配慮した適切な薬剤を用法用量を守って使用すれば、早期解決が出来る場合があります。大切なのはシロアリ駆除に対する知識を深めて適切な処理を行なうことではないでしょうか?救急水道24は豊富な知識でシロアリ駆除のお悩みを素早く解決してくれます。
について

山形市の木造住宅の件数は?山形市にはどんなシロアリがいる?シロアリ調査の重要性。害を与えるシロアリの種類や発生時期について

山形市に生息しているシロアリはヤマトシロアリという種類になります。シロアリは木材を食べるということは誰もが知っていると思いますが、本種は湿った木材が好きなので、住宅内ではキッチンやお風呂、トイレ、洗面所といった水回りの床下が被害の場所になります。山形市には27,880件の木造住宅が建っていて、古い住宅を中心に薬剤による対策がされていない建物のほとんどが被害にあっています。山形市あたりでは5月から6月頃に羽アリとなって元の巣から新たな巣を作るために巣立ちます。旅立つ羽アリは群れの中の約2%程度なので、飛び立ったからといっていなくなるわけではありません。クロアリの羽アリは真夏に見ることが多いので、夏前に見る羽アリはほぼシロアリと考えてよいでしょう。初夏頃に羽アリを見たり、水回りの床がギシギシ言うようになったりした場合には被害を疑って、害虫駆除の専門家に調査を依頼して下さい。ホームセンターでシロアリを駆除する商品が売られていますが、正しく使用すれば予防はすることはできるかもしれませんが、床下に巣を作られてしまっている場合はほとんど効果がありません。薬品や床下での作業になるため、安全性からも専門家に作業を依頼するべきです。山形市内や山形市を施工範囲にしている害虫駆除業者は数多くあります。その中から信頼する駆除業者を選ぶ1つのキーポイントはしろあり対策協会に所属しているかがあります。シロアリの駆除には国家資格は必要ありませんが、専門的知識と豊富な経験が必要です。しろあり対策協会の会員になるためには、協会が定めた薬剤や技術に対する知識が備わっていると認められなければいけません。
その為協会への所属の有無が一つの参考になるのは間違いありません。ただし、協会に所属していない=悪い業者というわけでもありませんので、そのあたりに関しては間違った認識を持たないことが大切です。
まずは現地調査にて詳しい話を聞いてみることから始めて見ましょう。

  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み