和歌山県対応の弊社加盟店のご紹介

ブルークラフト
和歌山県でシロアリの駆除に力を入れている会社の一つにブルークラフトという会社があります。シロアリは建物においてもっとも注意しなくてはいけない害虫で、シロアリの被害が進んでしまうと小さな地震でも建物に大ダメージを与える要因の一つになってしまうのです。木造住宅の方はもちろんですが、たとえ木造住宅でなくてもシロアリはやってきて被害をもたらします。シロアリはとても小さいので様々な隙間から親友したり、基本的には蟻道というトンネルで地面を掘って床下に侵入してきますので基礎部分や床下で使われている木材部分から徐々に食い散らかしていくのです。建築年数が古ければ古いほどシロアリに狙われる危険性は高まり、特に雨の日の後などの木材部分が湿っている時が危険な状態です。もしシロアリを見つけたら早急に対策を立てる必要がありますのが、その際もブルークラフトが的確に対処をしてくれるでしょう。
株式会社PLS
シロアリというのはいくつもの種類があり、和歌山県ですとアメリカカンザイシロアリというシロアリが発生が確認されています。頭と背中の一部は赤褐色でそれ以外は黒い蟻で、主に6~10月ごろの気温が急に上がった日などに現れます。株式会社PLSはシロアリのトラブルを解決している会社の一つで、シロアリについての豊富な知識と経験を活かしシロアリ駆除に全力で取り掛かっている会社です。シロアリは床下から侵入して建築上大切な木造部分を穴だらけにしてしまう害虫で、正しい方法で駆除しないと素人が対処してもまったく意味がなかったりするのです。本当であればシロアリの被害に遭う前に予防をしておくのが一番なのですが、危機感を持っている方が少ないのが原状で殆どの場合が既に木材部分がボロボロになってしまいリフォームするはめになってしまいますので、予防対策をお考えであれば株式会社PLSの対応力が、非常に安心して頼ることが出来ます。
株式会社あ組
株式会社あ組は和歌山県でシロアリのトラブルを解決している会社の一つです。シロアリに数種類あり、和歌山ですとアメリカカンザイシロアリというシロアリが生息しています。シロアリは床下から侵入し、建築上大切な木材部分を穴だらけにしてしまうので、被害が拡大していくと小さな地震でも建物に重大なダメージを与えてしまうのです。木造住宅ではもちろんのことですが、鉄筋コンクリート造であっても木材部分があるので注意しなければいけません。どちらもシロアリでのリスクは同じなのです。シロアリは普通の羽蟻と見分けるのが少し難しいですが、アメリカカンザイシロアリは頭と羽の一部が赤褐色で他の部分が黒いのが特徴です。もし家の中でシロアリを見つけたらそれは既に見えない部分に被害が出ているということなので早急に対処することが必要です。
について

和歌山県の住宅のシロアリ被害状況は?和歌山県にはどんなシロアリがいる?害を与えるシロアリの種類や発生時期について

平成20年度の統計によれば、和歌山県は共同住宅の割合が19.3%と全国で3番めに低く、一戸建ての多いのが特徴になっています。また建物の構造としては木造が71.8%を占め、太平洋側の県の中では多いほうに属します。木造家屋はシロアリの食害を受けやすく、ひとたび被害を受けると構造的に脆くなります。近い将来に東南海・南海地震が予想される和歌山県では、住宅の耐震化が喫緊の課題となっています。木造住宅の倒壊を防ぐためにも、シロアリによる被害がないか、徹底的にチェックする必要があります。日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合の調査によれば、和歌山県の住宅のうち16.7%にシロアリの被害が見られたとされています。これは決して低い数字とはいえず、対岸の火事ではありません。比較的温暖で雨が多い和歌山県は、もともと熱帯に多いシロアリにとって、好適な生育環境といえます。なかでも激烈な被害をもたらすとされるイエシロアリは、千葉県以西の太平洋岸に分布しており、和歌山県も生息地域に入っています。この種類は地中だけでなく、柱を伝って天井裏にまで拡散し、住宅の全体を食い荒らします。大きな巣になると100万頭もの数になり、駆除するのは大変です。6~7月頃の暑い夜に、羽アリが明かりを目指して飛び立つ習性があり、これを見たら要警戒です。ただし羽アリを見かけなくても、地中から侵入してくることがあるので、床下の定期点検は欠かせません。シロアリは夏に活動が盛んになりますが、冬でも死んだり冬眠したりすることはなく、食害は一年を通じて進行します。ですから発見したら、できるだけ早期に駆除することが大切です。しかし基本的に光や風を嫌い、木材の内側に潜んでいるため、素人が発見するのは簡単ではありません。どこまで被害が広がっているかも含めて、プロの駆除業者に調査を依頼し、害虫が確認されたら即座に薬剤散布などの防除策を講じるのが確実と言えるでしょう。

シロアリ110番の和歌山県地域における対応エリアについて

  • 和歌山市
  • 海南市
  • 橋本市
  • 有田市
  • 御坊市
  • 田辺市
  • 新宮市
  • 紀の川市
  • 岩出市

和歌山県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年4月24日
    エリア
    和歌山県田辺市
    参考金額
    ¥80,000円

    無料調査とお見積りについてのご相談もありました。3階建ての鉄骨住宅にお住まいのお客様からのご相談で、築年数18年80平米の建物を調査してほしいという内容でした。調査する日程については、これから相談して決めたいということでした。

  • 受付日
    2016年05月03日
    エリア
    和歌山県海南市
    参考金額
    115,000円

    ご実家の浴室場に近い柱の根元からシロアリが出てきたところを確認したので、シロアリ駆除についての相談、見積りをお願いしたいとのご連絡をお客様からいただきました。そのお客様の実家は1972年築の鉄筋コンクリートの2階建てだそうです。実家には、床下に入り込めるような点検口は無いそうです。

  • 受付日
    2016年05月02日
    エリア
    和歌山県海南市
    参考金額
    90,000円

    シロアリの形跡が見られたため無料見積りをしてほしいという旨のお問い合わせをいただきました。ご依頼主様のご自宅は築25年から30年の木造戸建住宅で、2年程誰も住んでいなかったとのことでした。浴室の壁紙を外した際にシロアリの形跡が見られ、また柱や床にも穴が出来ているとお伝えいただきました。また、1ヶ月ほど前に市販のスプレーを散布されたようですが、浴室にも羽アリが大量に発生したとのことでした。

  • 受付日
    2015年11月26日
    エリア
    和歌山県西牟婁郡白浜町
    参考金額
    111,588円

    シロアリ予防と駆除方法についてのご相談のご依頼がありました。戸建住宅を新築して5年が経過するため、そろそろシロアリ対策を行いたいと思ったとのことでした。今のところ特にシロアリの被害に遭っているといった感じはないとのことです。シロアリ予防に使用する薬剤のことについても詳しくお知りになりたいとのご希望でした。

  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み