木材に留まらないシロアリの被害

2016.02.26

木を食べる害虫として知られているシロアリですが、木以外のものにも被害が及ぶことを知っていますか?シロアリは木材を求めてお部屋の中へと侵入しますが、木造住宅だけでなくコンクリート製の住宅にも侵入されることは、決して珍しくはありません。シロアリは目があまり発達していない昆虫なので、目の前に得体の知れない何かがある場合は、とりあえずかじってみる習性を持っています。シロアリのあごは力強いため、たとえ頑丈なコンクリートであってもかじって穴を開けてしまうことが多いようです。お部屋の中へ侵入したシロアリは木材を主に求めますが、他に好むものとしては本が挙げられます。本棚の主な材質は木材なのでシロアリが集まりやすくなっています。シロアリにとっては本に使われる紙の中に含まれる成分が好みのようで、分厚い本でも食べ荒らして、スカスカにしてしまいます。また、シロアリが食べるものには発泡スチロールなどの断熱材が挙げられます。商品の梱包材としてよく見かける発泡スチロールは断熱性能が高く、お家の断熱材として使われていますが、これもシロアリの好物となってしまうのです。このように、シロアリの被害は木材だけに留まりません。シロアリの被害を見つけたら、早めに業者と相談しましょう。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み