相談をすることもひとつの方法です

2016.02.15

シロアリの被害がおこると深刻です。シロアリが発生した古い建物があった土地に新しく建物を建築してもまた発生してしまうことがあるそうです。そういうことから不動産会社とのトラブルを耳にすることがあります。その時は解決してもまた再発する可能性が高い為、新築される場合に慎重な調べや確認と対応が必要になります。雨漏りや木造部分の腐食が拡大するとシロアリの被害がおこりやすくなるともいわれています。そのシロアリの生体なのですが、腐食した木造の巣穴を作りその中に王と女王が滞在、働きアリが餌を運ぶといったことになります。つまり一匹ではありません。シロアリの種類によっては地中に巣を作るものもいますが、熱帯や乾燥した草原に巣をつくるものは、地表に盛り上がったアリ塚のように巣を作るものもいるそうです。シロアリは一日に数百個の卵を産むといわれてますので見つけたときには、何匹いるのか数えることができないくらい多く繁殖しています。早めに対処できる業者に依頼をすることをオススメします。シロアリの生体を良く知る業者であれば最善の対処対応をしてくれるでしょう。未然にシロアリ被害やトラブルを防ぐことも大切ですので業者に前もって相談をしておくこともひとつの方法です。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み