畳下にもシロアリがいる恐れがあります

2015.11.16

木造住宅の害虫の代表格と言えばシロアリ。シロアリが家を食べるという事実は皆さんもよく知っていると思いますが、実際のところどこにどんな風に棲み着いているかは、意外と知らないのではないでしょうか。シロアリの種類によっては違いがありますが、基本的に乾燥を嫌いジメジメした湿度を好む生き物なので、特に床下などに生息しています。また『シロアリ対策には換気が必要』という話もあるように、風はシロアリにとって苦手なものの一つなので、木材を食べ始めたならば、その木材の中に入り込んで中から入り口を塞ぎ、外気に当たらないようにして、ひたすら木を食べ進めます。ですから、床下換気もしたしシロアリも見えないから大丈夫、とは言い切れないのです。
例えば、歩くと床がフワフワたわむ現象はないでしょうか。これは床下でシロアリが床材を侵食している可能性が高い証拠です。特に、和室にはシロアリの好む畳もありますので、床下+畳ということで狙われやすい場所の一つです。畳自体に弾力性がありますので、なかなか気付きにくいところはありますが、天気の良い日、年に何度かは畳をめくって、畳下も換気をしてみましょう。もしかするとそこでシロアリの被害を発見することがあるかもしれません。シロアリを発見したらすぐに本サイト「シロアリ110番」に駆除をご依頼ください。同時に畳の張替えなどのご相談も可能ですので、そちらも併せてお気軽にお問い合わせください。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み