深刻な状況になる前に早期発見しましょう

2016.05.19

「シロアリ」は、私たちが普段生活している住宅の木材等を食べてしまう恐ろしい存在です。シロアリの中でも住宅を攻撃してくるシロアリは、主に「土壌性シロアリ」と「乾材シロアリ」の2種類に分類されます。シロアリの種類によって、シロアリの侵入経路が異なります。
土壌性シロアリは、地面から私たちの住宅に侵入し、水分が多くない環境では生きられない為濡れた木材を好みます。
一方、乾材シロアリは水分の少ない乾燥した木材でも生きられる為、飛んできて住宅に侵入してきます。乾材シロアリの恐ろしい所は、飛んでくるので家のあらゆる所に巣を作る事が出来る所です。
一般的に日本では、前者の土壌性シロアリのイエシロアリによる被害が多いと報告されています。イエシロアリは繁殖力が高く、床下の木材を破壊して住宅に深刻な被害を加える「モンスター」と言える存在です。イエシロアリによって床下の木材に危害があると、住宅の強度が弱くなり住宅の寿命が短くなってしまいます。
シロアリ被害は深刻な状況になる前に、早期発見する事が大切です。床下に潜ってシロアリを探したり、「蟻道」と呼ばれるトンネル状のシロアリの通り道がないか探したりしましょう。
自分で床下点検を行うのは大変だと思いますので、心配な方はシロアリ駆除業者に依頼しましょう。大切な住宅を守る為に、当サイトでもお力になれれば幸いです。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み