木材以外にも広がるシロアリの被害

2016.01.26

シロアリといえば、木材を食べてしまうことで有名な害虫ですが、シロアリの被害は木材だけに留まらないことを知っていますか?シロアリは野生の世界では、朽ちて倒れてしまった木などを食べています。倒れた木は健康な木の成長を阻害することもあるので、倒れた木を食べるシロアリは野生の世界では重要な存在だといえますが、シロアリは一度お家の中へ侵入すると、木材を食べ荒らしてしまいます。しかし、シロアリは目の前にあるものを齧ってみる習性があるため、シロアリの被害は木材だけでなくお家の中の色々なものへと及びます。木材以外で被害に遭うものの代表的な例は、本です。本に使われる紙に含まれる成分がシロアリの好物のようで、シロアリは本の中へ侵入すると、木材同様に内部から食べ荒らしてしまいます。この他にも、発泡スチロールなどの断熱材もシロアリの好物のようです。コンクリートにシロアリが穴を開けて突破することも多く、お家が木造住宅ではないからといってシロアリに油断はできません。お家の中でシロアリの姿を見たり、シロアリの被害を発見したときは早めにシロアリの駆除を行うようにしましょう。シロアリは放っておくと数を増やし、被害を拡大してしまいます。また、シロアリ駆除は、業者に依頼するようにしましょう。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み