壁や床板に違和感を感じたら

2015.12.02

シロアリは人が気づかないうちに着々と家にダメージを与えて、大きな被害につながります。もし家の中でシロアリを見つけたら、被害にあっているかも?と疑う方は多いと思いますが、シロアリを発見したときには、すでに被害が大きくなっていると予想されます。家の敷地内、敷地周辺の切り株、樹木、地面に直接置いてある木材などは目で見て調べることができますが、床下や家の壁などは自力で直接見てみるのは難しいと思います。しかし、ちょっとした家の中の変化で発見できることもあります。壁の中や木材、柱などはシロアリの被害にあっていると、内側が空洞になってしまい、表面をたたいてみると空洞音がします。また、床板、畳がくぼんでいる感じがしたり、障子や雨戸の建て付けが悪く感じることがあります。床下や壁がコンクリートだからといって、シロアリが侵入しないとも限りません。木材に比べて、確率は低いようですが、もしコンクリートにわずかな亀裂や隙間があればそこからシロアリは侵入してきてしまいますので、絶対に大丈夫とは言い切れないようです。もし、家の壁や床になんだか違和感を感じる、もしかしたらシロアリかもと思っても確信が持てなくて不安でいきなり業者に依頼していいのか分からない、という方もいらっしゃると思います。ですが、更に被害が拡大してしまう前に知識や経験のある業者に、思い切ってご相談されてみてはいかがでしょうか。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み