冬もシロアリ駆除を

2016.12.01

12月に入り、すっかり冬の季節になりました。寒さも厳しく、街を歩けば昼間でも厚着をしている人が目立ちます。このような時期は、寒さに弱い昆虫達にとっても辛い時期です。実際に、冬になれば害虫による被害は減少することが多いです。それでは、シロアリはどうなのでしょうか。実はシロアリ被害も冬になれば緩やかになりますが、状況によっては他の季節と変わらず被害に遭ってしまう事もあるようです。
そのポイントとなるのが、気温です。一般的に、シロアリは気温が6度以下になりますと活動を停止(休眠)してしまいます。逆に、気温が12度以上になると動きが活発になると言われています。つまり、シロアリは冬眠する事が無く、冬でも気温次第では活発に動き回るということです。見て分かるように、6度というのは人間にとっても低温です。そのため、多くのご家庭では暖房を点けることでしょう。しかしそうなれば、同時にシロアリにとっても快適な環境に変わってしまいます。また、外との温度差が大きくなる事で結露が発生しやすくなり、さらにシロアリは活発になってしまうでしょう。
このように、一年中シロアリ被害に遭ってしまう恐れがあります。冬になってシロアリ被害が収まったとしても、すぐ近くでシロアリが休眠しているだけかもしれません。暖房をつけたり、春を迎えたりすれば再びシロアリは侵攻してくることでしょう。冬でも構わず、シロアリ駆除業者にご相談ください。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み