マンションもシロアリの被害が出ます。きちんと駆除と予防をしましょう

2015.12.22

皆さんはシロアリという害虫を知っていますか?シロアリはゴキブリに近い種類の害虫で、自然界では倒れた木や腐ちた木を食べて、森を活性化させています。しかし、一度家の中へ侵入されてしまうと、家の中の木材を食べてしまうので、危険な害虫であるといえます。シロアリが発生する場所は、建築材料として木材がふんだんに使われている木造住宅が多いのですが、コンクリート製の住宅に侵入し被害を及ぼすこともあります。最近、特に問題になっているのは、そんなコンクリート製のマンションで発生するシロアリの被害です。シロアリは木材が主なエサになりますが、驚くことに、コンクリートにも穴を開けて食べてしまうことがあるのです。また、マンションでは断熱材として、発泡スチロールがよく使われていますが、これもシロアリが好んで食べてしまうといわれています。この他、室内には紙や畳、家具など、シロアリに狙われやすいものが色々とあるので、マンションといえどシロアリの存在を無視することはできず、シロアリ対策を行うことが必要です。まず、シロアリは湿気が大好きな害虫で、湿気はカビの発生源にもなるので、家の中に湿気を溜めないようにしましょう。マンションでシロアリが発生してしまった場合は、早めにシロアリ駆除を行う業者に相談しましょう。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み