シロアリ駆除は迅速に

2016.07.07

シロアリは湿気を含んだジメジメとした場所を好み巣を作り繁殖します。特に土があって湿気がこもり風通しが悪い床下は、シロアリにとって最適な住処となります。また雨漏りを放置している屋内では、建材が水分を含んでシロアリが繁殖するための好条件を作り出している場合があります。基本的にシロアリは光のあたる場所や空気の通りの良い場所に出ることを嫌いますので、人目につかない床下や壁の中といった場所で密かに少しずつ家屋を侵食していきます。また、シロアリは一つの巣を基準に独自の社会を築いていますが、そこに生息する個体数は2~3万匹。種によっては100万匹にもなると言われています。そのため、被害が表面化した時には既に柱の多くの部分をシロアリによって食べられていた、といったことも起こり得るのです。シロアリ被害を疑うチェックポイントは色々あります。例えばドアがちゃんと閉まらなかったり、床を踏むとフカフカした感じがするなどといったことが挙げられます。また、新築から5年以上経過している家や、ウッドデッキなどがあり木材をふんだんに使用している家屋は注意が必要です。シロアリ被害に気が付かれたら、決して放置してはいけません。シロアリは家屋の耐久性や資産価値に大きく影響しますし、放置すれば被害が進行して、その後の対処により多くの費用を費やすことになりまねません。シロアリを見つけたらすぐに駆除することが肝心です。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み