シロアリの生態

2016.03.02

シロアリは「アリ」の仲間ではないということを皆さんはご存知でしょうか。そもそもの「アリ」というのは生物学上では「ハチ目アリ科」という名称で分類されます。要は「ハチ」の仲間なのです。しかし、シロアリの生物学上での分類は「ゴキブリ目アリ科」なのです。簡単に言えば「シロアリ」は「ゴキブリ」の仲間なのです。害虫の筆頭としても有名であるゴキブリの仲間であることを考えると、シロアリが害虫というのもしっかりと頷けるかと思います。ゴキブリの色が白くなり小さくなったと思えば想像がつくかと思いますがかなり気色が悪いかと思います。しかし、家屋の中で見ることはほとんどないでしょう。シロアリの主食となるものは壁の中であったり、柱の中であったりと目に見えないのでその分被害も想像しづらいものがあるでしょう。目に見ることのできない被害であるからこそ十分な注意が必要です。目に見える形であれば早急な対処が出来るかとは思いますが、目に見えない部分であると、気づいたときには手遅れになっているという可能性も大きいのです。可能性としての問題ではありますが、最悪家屋の倒壊もあり得るでしょう。早急に発見するために診断などを利用して日ごろから気を付けていくのが大事です。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み