シロアリの正体

2016.06.15

木材を食べ荒らすことで知られ、お家の天敵となっているシロアリですが、その正体について皆さんは知っていますか?名前にはアリと入っていますが、シロアリはゴキブリに近い種類の昆虫となっています。シロアリは上から見ると、どことなくゴキブリのような姿をしていますが、ゴキブリとシロアリは祖先が共通していることがわかっているのです。一方でクロアリはシロアリよりも細い体が特徴になり、分類上はハチに近い昆虫といえます。クロアリの仲間にはシロアリよりも体が大きなものが多く、タンパク源としてシロアリを捕食することがあります。そもそもシロアリは森の中に生息していた昆虫で、朽ちた木や倒れてしまった木をエサとして生活していました。このような木はいつまでも森の中にあっては新しい木が育ちませんし、先述のクロアリやトカゲなどシロアリをエサにする生物も存在するため、森の中ではシロアリは欠かせない昆虫といえるでしょう。しかし一度お家の中へ侵入すればあらゆる木材を食べる危険な存在で、放っておけばどんどん被害が広まります。ゴキブリもシロアリも厄介な害虫ですので、ゴキブリ同様に退治が必要です。もしも皆さんのお家でシロアリが出たならば、業者に駆除をしてもらいましょう。

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み