シロアリについての知識

2016.01.12

1月も中盤に差し迫ってきました。正月気分を味わっていた方も、もう仕事始めもだいぶ過ぎたので完全な仕事モードにご移行されているかと思います。奥様方においては家の中のこともひと段落してきたのではないでしょうか。落ち着いてきた方に気を付けてほしいのは家屋のことです。とくに木造建築の方は要注意です。この1月のような寒い時期にも「シロアリ」の被害があります。なぜかというと、シロアリは冬眠をするわけでなく、かつ繁殖期というものもなく年中卵を産み続けているので、いわば「年中繁殖期」と言っても過言ではありません。シロアリは女王と王を中心とした「コロニー」と呼ばれるものを形成します。そのコロニー内で繁殖活動を行い、増えすぎたら羽アリを生み出してよそへ送るといった習性があります。そしてシロアリはアリの仲間ではなく、生物学上は「ゴキブリ」の仲間です。家屋にダメージを与えてしまうこともあり完全なる「害虫」です。先ほども言いました通り年中が繁殖期のようなものなので、冬場の寒い季節でもシロアリ被害は起きる可能性があります。虫は冬は冬眠するからという考えを持っていると危険です。時間の余裕がありますようでしたら1度気にかけてみたほうが良いかもしれませんね。一度業者に相談してみましょう。
 
シロアリについての詳しい解説は、こちらをチェック!

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み