シロアリが発生する時期と活動する時期

2016.01.07

シロアリはその名の通り「白い蟻」と書くのですが、普通の黒い蟻の仲間ではありません。
どちらかというと、シロアリはゴキブリの仲間なのです。
そのシロアリですが、この時期に産卵をするという決まった時期などがなく、クロアリと同じように、常に女王アリが地中で産卵をしているのです。
他の種類のシロアリも同様になります。

シロアリは、女王アリと王アリを中心にしてコロニーを作り、その中で巣を作って生活し、またその中で女王アリと王アリが一匹ずつおり、卵を作っているのです。
その理由は、シロアリは弱い生物なので、シロアリを餌としている昆虫や動物がたくさんいるので、常に産卵し、コロニーのシロアリの数を減らさないようにしているのです。

女王アリは常に卵を産み続けるのですが、時々巣の中のシロアリが増えすぎてしまうことがあるのです。
そのような場合になったときには、羽アリを発生させ、巣から飛び立たせるのです。

この羽アリが発生する時期が春から夏の間なのです。
羽アリは、よく室内に飛んで入ってくることがあるので、クロアリなのかシロアリなのかどうかチェックをするようにしてください。
自分の家を守るのはあなたです。
 
シロアリについての詳しい解説は、こちらをチェック!

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み