シロアリが来やすい環境

2015.10.29

ゴキブリの仲間であると言われているシロアリ。
私達の生活を脅かす害虫で、どの害虫よりも恐ろしいのが、家の柱などを食べて、家を倒壊させる恐れがあるということです。

そんなシロアリも来やすい家と、そうでない家があります。
シロアリは基本的に水分を含んだ木、腐った木などを好んで食べる習性があります。そのため築年数が古かったり、湿気が多い地域や家などに住んでいる方は注意が必要となります。
また、換気口の少ない家も、湿気を中に溜め込みやすいのでシロアリが来やすい原因となります。

ここまでは家を見れば分かることですが、実はシロアリが来る原因として、他にも周辺環境が関係していることがあります。
それは川・池・井戸などが近くにあるかということです。
その土地の地面に含まれている水の水位が地上に近いため、湿気も多くなります。そうしたところにシロアリが引き寄せられてしまう可能性は十分にあります。

逆に言えばシロアリが来にくい家は以下です。
・湿気の少ない場所に建った家
・木造でない
・換気が十分に出来ている家

環境によってはどうしても湿気が溜まってしまいやすい家もあります。
しかし、自分でしっかり予防をすればシロアリの被害は防ぐことも出来ます。当サイトではシロアリ予防をお考えの方にもご利用頂けます。是非お気軽にお問い合わせください。
 
シロアリについての詳しい解説は、こちらをチェック!

  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み