京都市対応の弊社加盟店のご紹介

たなか工務店
京都でシロアリ駆除を行っている業者の1つに、たなか工務店があります。こちらの業者はリフォームなどの住宅工事を行っていますが、シロアリ被害は住宅にも関わってくる問題なので、その駆除も対応可能となっています。シロアリは小さな虫ですが、何万匹という単位で行動する生物です。そこから発生する被害はとても大きく、人目につかない家の裏側で柱や梁を食べてしまい建物の耐久性を大きく下げるので、いざという時の災害に、本来ならば耐えられたものであっても倒壊などの危険性が高まってしまいます。このようなことにならないように、たなか工務店ではシロアリの駆除とその後の修繕も行っています。住宅を取り扱っている業者ですので、家の内部を見ることには慣れています。シロアリの被害は壁の中や床下に顕著なので、そこをしっかり見ることの出来る業者はとても心強いでしょう。
京阪神住設
京阪神住設は、京都にてシロアリ駆除の依頼が寄せられる業者です。シロアリが家に被害を与えることは皆さんもご存じでしょうが、それが広範囲にわたることがあると聞いたことはありますか?シロアリというと床下で建材を食べる印象があります。それだけでも家の基礎を食べられているので問題なのですが、被害はそれだけに収まらないこともあるのです。床板を食べ、室内に入ってくることもあります。室内に入って、本や電気コード、家具などを食べてしまうのです。また柱などを通って屋根の近くまで行き、天井裏の木材も食べてしまいます。家中に被害が広がると、駆除も修繕の手間も数倍になります。シロアリは床下だけの被害ではないのです。このように被害を大きくしないためにも、シロアリは早めの駆除が必要です。京阪神住設は迅速な対応を心がけておりますので、いざという時に頼りになる業者です。
東山管理センター株式会社
東山管理センター株式会社は京都にて、住宅の安全を守るためにシロアリ駆除・予防を取り扱っている業者になります。しろあり防除施工士の有資格者も多数在籍しており、技術面では何の心配もない会社ではないでしょうか。日本にいるシロアリにはイエシロアリ、ヤマトシロアリ、アメリカカンザイシロアリなどがいますが、京都を含めた近畿に多いのはヤマトシロアリです。湿気のある木材を好み、その中に巣を作ります。木材の腐朽と同時進行で発生する場合が多くなります。被害が家全体に及ぶ可能性のあるイエシロアリに比べると被害の範囲は狭いですが、それでも家の基礎部分に被害を出すので駆除が必要です。東山管理センター株式会社はヤマトシロアリの駆除と予防はもちろんですが、その他のシロアリの駆除と予防にも対応していますので、非常に頼りになる業者だと言えるのではないでしょうか。
について

京都市の木造住宅の件数は?京都市にはどんなシロアリがいる?シロアリ調査の重要性。害を与えるシロアリの種類や発生時期について

木造の住宅が多い京都市の場合には、シロアリの被害にも特に注意を払う必要があります。京都市には2008年の時点で173,770件もの木造住宅が立ち並んでおり、実質的にシロアリ被害が多いと見込まれる地域です。シロアリは木材を中心に侵食していく傾向があり、木造住宅の施工が多い京都市においては、シロアリ被害から住宅を守るために、定期的な住宅のシロアリ調査が推奨されます。京都市の場合、いくつか存在する種類の中でも「ヤマトシロアリ」というシロアリが主に生息しています。ヤマトシロアリは、日本では特にポピュラーな害虫として知られているシロアリです。ヤマトシロアリの発生が多い場所としては挙げられるのは建物の床下。何故なら、ヤマトシロアリは水分を運ぶ能力がないため、湿気が多く暖かい場所から離れることが出来ないからです。ジメジメして湿気があり、風も通りにくい床下は、ヤマトシロアリにとって格好の場所と言うわけです。ただ、床下など人目につかない所で密かに活動するという点で、厄介なことがあります。それは、意識して点検・調査を行わないと、シロアリの存在に気づかず、長期間被害を放置してしまうことになるということです。
不眠不休が特徴のシロアリですが、ゴールデンウィークから6月位までにかけて、つまり気温と湿度が上昇するこの時期に、活発に活動をしますので、その時期を狙って、シロアリ駆除業者に依頼し、床下を重点的にシロアリ点検を行ってみましょう。この時期、羽アリと呼ばれるシロアリの活動部隊が現れたら、巣を広げようとしている証拠ですので要注意です。羽アリを発見したら、シロアリの存在は濃厚と言えます。ヤマトシロアリは、木材の内部に隠れてしまっていることが多いので、徹底的に発見、速やかに一匹も残さず駆除してもらいましょう。その後、薬剤の散布などが行われ、シロアリの発生を抑える対策もしておけば、しばらくは安心です。しかし、またいつ棲み着くかわかりませんので、定期的に点検は続けるようにしましょう。

シロアリ110番の京都市地域における対応エリアについて

  • 京都市北区
  • 京都市上京区
  • 京都市左京区
  • 京都市中京区
  • 京都市東山区
  • 京都市下京区
  • 京都市南区
  • 京都市右京区
  • 京都市伏見区
  • 京都市山科区
  • 京都市西京区

京都市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年5月14日
    エリア
    京都府京都市南区
    参考金額
    ¥80,000円

    シロアリ予防の再施工についてもご相談いただいております。今回のご相談は、現在被害はないが、築年数12年と、新築から時間が経っており、シロアリ予防の薬剤が切れているため、新たにシロアリ予防をご希望のお客様からでした。こちらの住宅は木造の戸建住宅で建坪と床下点検口の有無は不明とのことです。

  • 受付日
    2016年05月08日
    エリア
    京都府京都市左京区
    参考金額
    120,000円

    木造2階建ての戸建住宅にお住まいの方から、羽アリの駆除のご希望があり、発生状況についてお聞きしました。築年数は32~33年、建坪は20畳ほどで、床下点検口があるということでした。洗面所と浴室で羽アリが出ていたということで、駆除のお見積り日時についてご希望が出されました。

  • 受付日
    2016年05月04日
    エリア
    京都府京都市右京区
    参考金額
    100,000円

    シロアリ駆除の見積り、調査の依頼がありました。依頼された方の住宅は築30年を超える木造2階建てで、広さは15坪ということでした。この住宅の風呂場にてシロアリが発生したとのご相談があり、その調査、お見積り、駆除のご依頼がありました。まず調査やお見積りをするのですが、この予定については相談で決めていきたいとのご希望でした。

  • 受付日
    2016年05月01日
    エリア
    京都府京都市中京区
    参考金額
    80,000円

    これから宿泊施設にしようとしている場所にシロアリの痕跡を見つけたという方から、無料のお見積りのご依頼がありました。玄関で木材をシロアリが食べた跡があり、羽アリのものと思われる羽が多量に落ちていたとのことでした。この現場は築年数が100年の木造の建物で、建坪が12~13坪、小さめの床下点検口があるとのことでした。

  • 受付日
    2016年04月27日
    エリア
    京都府京都市伏見区
    参考金額
    110,000円

    築年数が30年以上経過している木造戸建住宅のお客様から、羽アリの調査についてご依頼をいただきました。ご依頼の内容は、30坪となる広さで床下点検口はあるとのことですが、羽アリの発生場所はリビング、又は浴室のどちらかという状況でした。見積り希望日については、相談してから決めたいとの内容でした。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み