シロアリの種類と被害

シロアリについて正しい情報を把握しましょう

シロアリは、普段人目につかない場所に居ますので、殆どの方は自分の家にシロアリが居るとは思っていないと思います。しかし、シロアリの被害は、意外と身近な場所で発生しています。まずは、シロアリにどういう種類があるのか、どういった被害が発生するのかを知っておきましょう。

シロアリの種類や生態

代表的な住宅被害をもたらすシロアリをご紹介します。

  ヤマトシロアリ イエシロアリ
見分け方

見分け方 ヤマトシロアリ

背中の一部と足の先が黄色がかっており、
その他は黒い。体は頭部と比べて小さい。

見分け方 イエシロアリ

全体的に茶色がかっており、体は大きい。
発生時期 発生時期は主に4月から6月
(特に、5月上旬の気温が高く、天気の良い日)
6月から7月
(気温が急に高くなった天気の良い日)
特徴 北海道の一部を除き、日本中に生息している。
シロアリによる住宅被害は、多くはこの種類のシロアリによる。
湿った木材の中や土壌中など、湿度の高い場所を好み、1つの巣に生息する白アリの数は2~3万匹程度。
被害は床下に集中します。
一度被害が発生すると、非常に広範囲が食害にあう。
巣の大きさが非常に大きく、1つの巣に100万匹程度生息している。
生息地 北海道の西側から九州までの地域 本州の千葉より西側、太平洋から瀬戸内海に掛けての沿岸地帯、その他、四国、九州沖縄に生息

生息地 ヤマトシロアリ イエシロアリの分布図

シロアリと通常アリの見分け方

実は、羽根アリには2種類存在していて「クロアリ」の羽アリと、「シロアリ」の羽アリが存在しています。「クロアリ」の羽アリであれば、住宅に被害を与えることはありませんので、心配をする必要はありません。

  シロアリ クロアリ
触覚

ネックレスのような数珠状で

まっすぐ伸びている

「く」の字になっている
体の前後はほぼ同じ大きさ、同じ形 前後の羽根のうち、前の羽根が大きい
体のつなぎ目にくびれは無い 体のつなぎ目は細くくびれている
見分け方 見分け方 ヤマトシロアリ 見分け方 イエシロアリ

シロアリによる被害写真画像

  • シロアリによる被害写真画像1
  • シロアリによる被害写真画像2
  • シロアリによる被害写真画像3
  • シロアリによる被害写真画像4
  • シロアリによる被害写真画像5
  • シロアリによる被害写真画像6
  • シロアリによる被害写真画像7
  • シロアリによる被害写真画像8
  • シロアリによる被害写真画像9
  • シロアリによる被害写真画像10
  • シロアリによる被害写真画像11
  • シロアリによる被害写真画像12
  • シロアリによる被害写真画像13
  • シロアリによる被害写真画像14
  • シロアリによる被害写真画像15
  • シロアリによる被害写真画像16
早期発見でシロアリ被害を最小限に抑えましょう

シロアリによる食害で、住宅の基礎や柱の強度が下がると、災害時の住宅の被害が拡大してしまう原因になります。それを防ぐためにも、定期的な点検を実施して、シロアリ被害が拡大する前に、早期に対処を行うように心がけましょう。

いますぐできる!シロアリ被害セルフチェック
より詳細にセルフチェックするならこちらへ お急ぎの方はこちら
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み