• 追加料金が一切不要!明朗会計の4,000円/坪
  • 24時間365日 日本全国受付対応
  • 確実な施工方法 シロアリ対策協会の指定工法品質
  • 5年保証で安心!長期間の保証付き

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-952

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • パンフレットのお申込み

利用規約はこちら

シロアリ110番はここが違う

シロアリ駆除に必要な工程が全て含まれているので追加料金がありません

シロアリ110番では料金に含まれるサービスを明確化。
作業後に追加料金の請求をするということは一切ございません。

シロアリ駆除料金 平米1,200円

  • 事前調査無料!※2
  • シロアリ対策協会指定工法
  • 5年保証※3でアフターサポートも充実
明朗会計の平米単位
※1 対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。
※3 作業内容や加盟店によって対応できない場合がございます。

料金に含まれるサービス

  • サービス1現場調査
  • サービス2出張費用
  • サービス3駐車料金
  • サービス4建物養生※必要な場合
  • サービス5スタッフ
  • サービス6薬剤確保
  • サービス7木部処理
  • サービス8土壌処理

他社と比べてください

全国平均単価 3,575円 平米 シロアリ110番  平米1,200円 シロアリ110番なら 62.7%オフ

  • 料金のご案内
  • シロアリ被害セルフチェック
  • 無料現地調査の依頼

シロアリの駆除・対策

自分で駆除を試みる場合

自分でシロアリ駆除をしたい時にはどんな方法があるのでしょうか?最近ではDIYという思想が流行っているため、一般の方でもできる駆除方法について紹介します。

熱湯
熱湯
手元に駆除剤がなければ熱湯で代用することも可能です。シロアリに直接かけることで殺すことができますが、シロアリを予防する効果は見込めません。 また、中途半端にシロアリを殺すと分巣してしまい、かえって被害が拡大することもあります。
木酸
木酢
害虫駆除に効果的と言われている木酢ですが、においが強く家の下や周りに撒くには適していません。時には木酢のにおいにより気分が悪くなることもあるようですので、注意が必要です。また、木酢が塗られていない場所にはシロアリがやってきますし、予防効果が続く期間も短いと言われています。

手元に殺虫剤などがない場合、上記のようなもので代用できるとされていますが、今一つ確実性に欠きますのでおすすめできません。それよりも、最近のホームセンターには害虫駆除に関する様々な商品が揃っていて、市販のシロアリ駆除グッズもいくつかありますのでチェックしてみましょう。中にはDIYユーザー向けに開発された下記のようなパッケージ商品もあります。

駆除剤
駆除剤
駆除剤の中には、殺虫成分が入った物や忌避(シロアリが嫌がる)効果を持ったものなどが市販されていますが、薬剤の種類によって適切な使い方も違ってきますので、使い方をよく確認してから作業する必要があります。また、シロアリ駆除用に動力噴霧機のレンタルセットもあるようですが、費用は高めになっています。
マニュアル本
マニュアル本
シロアリを退治するための、方法やポイントなどが書かれている書籍も販売されています。薬の使い方や、散布する場所がわからないといった方は、こういった書籍を参考にするとよいでしょう。正しい知識を得ることでより効果的な駆除が期待できます。

などが1つのセットになっているものも。シロアリ駆除のやり方がわからない人でも、マニュアル通り手順を踏めば施工できるようになっている優れものなのでお勧めです。さっそく出かけてゲットしてみましょう。あわせてセット商品だけでなく、作業を楽にしてくれるお助けアイテムも一緒に揃えることを忘れないようにしましょう。

道具だけではありません

シロアリ駆除は木を剥がしたり、薬剤を使うことがりますので、素手での作業はおすすめできません。まずは手袋を用意。殺虫スプレーを散布することになりますので下記のようなものも必要になります。

マスク(防毒マスク)
マスク(防毒マスク)
床下にはカビやほこりが沢山ありますので、それらの吸引を防ぐためにマスクが必要です。また、薬剤の吸引が心配な方は、防毒マスクを利用するのも良いでしょう。
防護メガネ
防護メガネ
ほこりや薬剤から目を保護するために必要です。通常のメガネでは、隙間からほこりやチリが入ってくることもありますので、隙間が空いていないゴーグルタイプがおすすめです。
防護服
防護服
作業着は、長袖長ズボンを着用ましょう。床下には小石や色々な破片に加えて、ムカデなどの害虫がいることもありますので、身を守るためには肌の露出を避けなければいけません。

また作業時には狭い床下を匍匐前進しなければなりませんので、動きやすい装備が必要になります。

手袋
手袋
防護服と同様に肌の露出を防ぐために必要です。また、匍匐前進する時には手のひらを使うこともありますので、怪我の防止に役立ちます。
運動靴
運動靴
狭い場所を移動しますので、動きやすくては履きなれている靴を用意しましょう。サンダルやスリッパでの移動は怪我の原因になりますので、おすすめできません。
防護頭巾
防護頭巾
天井が低く狭いスペースを移動しますので、頭部の保護を怠るのは危険です。タオルで代用する時には、厚手のものを利用しましょう。

シロアリ駆除のツールが一式揃ったらいよいよ駆除の開始です。と、その前に、まずはデジカメを持って一度主要な部分を撮影しましょう。どの場所がどのような状態なのかを確認して駆除計画を立てます。シロアリを少しでも逃しては意味がありませんので全体を把握し、確実に駆除することが大切です。

いざ実践!

目標を定めたら、購入した撃退キットで施工開始。匍匐前進状態で行なう作業は大変だと思いますが、丁寧に一つずつ施工を行っていきましょう。駆除したシロアリの死骸は掃除機などの掃除用品で回収。生き残りの可能性を残さないようにしましょう。ここまで出来れば駆除は終わりです。しかし再びシロアリが棲み着かないとも限りませんので、駆除のついでに予防を施すことも忘れないようにしましょう。まずは駆除した跡を中心に消毒を行います。その際、木材に損傷があるようでしたら、軽いものであればパテ等のケア用品で補修を。かなり深刻なものは、後日しっかりした補強をしてもらいましょう。また、シロアリは湿気を好み乾燥を嫌う虫ですので、土壌部分に木炭を敷いておくのが効果的です。

きちんと知っておこうDIYのメリット・デメリット

・費用が安くなる
DIYでの駆除が成功した場合、業者を利用した時よりも費用が安くなる可能性が高くなるのが、最大のメリットです。
・他人が家に入らない
業者に駆除を頼んだ場合、調査や駆除作業を行うため家の中に入れなければなりません。そういったことに嫌悪感を持つ方方の場合、メリットになるポイントです。
・自分のタイミングで行える
自分で駆除を行えば自分の好きなタイミングで、行うことが出来ます。業者も極力こちらの予定にあわせてくれますが、日程がすぐに決まらないという事態は起こりません。
・充分な効果を発揮しない場合がある
シロアリは完全に駆除することが基本です。しかし、巣の特定などは専門的な知識を必要とする場合がります。
少しでもシロアリが残っていると増殖し被害が再発する可能性もあります。
・種類の特定が難しい
シロアリには、ヤマトシロアリやイエシロアリといった種類があり、使用する薬剤も違います。見た目が非常に似ているため判断は難しく、薬剤を間違えると状況が悪化することもありますので、注意が必要です。

シロアリを発見した時自分でできるシロアリ対策について

シロアリが群飛のシーズンを迎えると、家の中や家の周りに大量の羽アリが出てきますので、シロアリの存在に気付きやすい時期となります。家の中にシロアリがいると気づいた時には、自己対策やDIYでのシロアリ駆除を試してみたいという方もいるでしょう。下記では比較的簡単にできるシロアリ対策について紹介しています。

1.蟻道を探す

蟻道を探すシロアリは、湿気が多い場所を中心に活動しているのでキッチン、トイレ、浴室などの水回りを中心に被害が進行していきます。しかし、木材の中を進んでいますので、直接シロアリを発見するのは困難ですので、まずは蟻道と呼ばれる砂の塊が、家の周りや床下に作られていないか確認します。蟻道は、巣に繋がる手がかりになることもありますので、しっかり点検してみましょう。


2.湿気対策をする

湿気対策床下を換気することで、木材も乾燥しますので、シロアリの侵入を防いだり、被害の進行速度を遅らせたりする効果が期待できます。
床下を点検した時にジメジメしているようでしたら、まずは床下の湿気を取り除く事が大切です。


3.薬剤を散布する

スプレー剤薬剤の散布には、シロアリがいる場所に直接散布して退治する方法や、木材や土壌に散布することで、シロアリの侵入を防ぐ方法があります。散布する薬剤については、市販品や業務用までありますので、散布する範囲と値段等を考慮して揃えると良いでしょう。効果の高い薬剤でも、散布できる範囲が狭ければ他の場所から侵入を許すことにもつながります。また、シロアリに有害な成分が入った毒エサ(ベイト剤)を巣に持ち帰らせるベイト工法という方法もあります。


シロアリ駆除業者により本格的な防除

DIYとシロアリ駆除業者による駆除の大きな違いは、シロアリについての知識や経験の有無になります。同じ薬剤を散布した時でも、素人では中々見つけることができないシロアリの巣も、徹底した調査をすることで、的確な場所に散布することができますし、使用する薬剤の危険性についても理解しています。そのため、土壌処理や、バリア工法のような大量の薬剤を散布する作業の時には、安全性が高く臭いも残りにくい薬剤を選ぶことができますし、建物の構造に合わせて作業方法を変えることもできます。ベイト工法についても、ただベイト剤を仕掛けるのではなく、定期的なモニタリングを行いシロアリが死滅したと確認できるまで、徹底的なシロアリ駆除を行ってくれます。また、保証期間を設けている業者さんがほとんどなので、万が一被害が再発した時でも迅速に対応してもらえます。
素人での対策をした場合、シロアリを殲滅することは難しく被害が再発する可能性も高いので、DIYによるシロアリ対策は、応急処置や被害速度を遅らせるための対策と認識しておいたほうがいいでしょう。

まとめ

以上が市販製品を使った個人によるシロアリ駆除の方法例です。狭い場所での作業が多く手間は掛かりますし、業者に駆除を依頼するほどの確実性はありませんが、コスト的には比較的安価で済みますし、何より市販されているので気軽に施工しやすいということが利点でしょう。人を襲うなど直接的な害はなくとも、シロアリは木材という木材を狙って侵食する恐ろしい害虫です。ヤマトシロアリという種類ならば主に床下やウッドデッキなど棲息しているのである程度範囲を絞ることが出来ますが、イエシロアリという種類になると、活動場所は床下だけでなく、屋根裏、畳、家具などにも及ぶ可能性があります。いろんな場所を定期的に点検して、小規模であれば、市販製品によるシロアリ駆除を試してみるのもよいかもしれません。

自分でできるシロアリ駆除の方法・工法、費用についてはこちら>>

シロアリの基本情報

日本で被害を広げるシロアリ達

家の中を食い荒らす害虫として有名なシロアリの防除をしておかなければ、建物の耐久性や資産価値が大きく下がってしまいます。特に、地震などが起きた時には倒壊してしまう恐れもありますので、注意が必要です。建物を食害する主なシロアリは、「ヤマトシロアリ」、「イエシロアリ」、「アメリカカンザイシロアリ」の3種類で、種類によって被害場所や有効な対策も異なります。まずは、シロアリの種類を特定して有効な対策を考える事が重要になるでしょう。

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ

■ヤマトシロアリの特徴

ヤマトシロアリは、日本各地で被害を広げているシロアリです。体長は4~7mm程度で、基本的には腐った木材を中心に食害を与えます。主な被害場所は床下となりますが、雨漏りなどにより木部が湿っていれば、天井部まで被害が及ぶケースもあります。4月~5月頃になると群飛の時期を迎え、新しい住処を探して成長した羽アリが一斉に飛び立つので注意が必要です。

■巣を作る場所

主な侵入経路は、土壌となりますが、決まった所に巣を作らないのが特徴です。家の中に侵入したときには、食べ進んでいる場所をそのまま生活空間としているため、巣の場所が特定しにくいとされています。また、群飛した羽アリが屋根や外壁を伝って屋内に侵入してくることもあります。

イエシロアリ

イエシロアリ

■イエシロアリの特徴

世界的に加害が激しいシロアリで、寒さには弱いため平均気温が高い海沿いが主な生息場所です。体長は5~9mm程度で、ヤマトシロアリと同様に湿った木材を食害する事が多く、乾燥した木材でも水を運んで食べ進むことができるので、被害は家中に及びます。群飛の時期は6月~7月頃とされており、夕方頃になると羽アリ達は一斉に飛び立ち、巣から出たら光源に集まる習性があります。

■巣を作る場所

イエシロアリは巣を中心に活動します。巣は土壌に作られているケースがほとんどで一つの巣の中に100万匹を越えるシロアリが住んでいることもあります。他にも、外溝などに巣を作る事もあるようです。イエシロアリが巣を守る時には、分泌物を飛ばしたり、噛み付いたりすることもありますので、注意が必要です。

アメリカカンザイシロアリ

アメリカカンザイシロアリ

■アメリカカンザイシロアリの特徴

アメリカカンザイシロアリは、海外から輸入された木材や家具などと一緒に日本にやってきた外来種です。生息場所は、港町を中心に点在していますが、生息地の拡大が危険視されています。 他のシロアリと違い、乾燥した木材を食害することが特徴です。体長は6~8mm程で、群飛の期間は3~11月といわれており、小規模な羽アリの集団が何度も飛び出していきます。

■巣を作る場所

特定の場所に巣を作ることがなく、食害にしている場所を生活空間としています。集団もバラけている事があり、木材の中にいくつかの集団がバラバラに生息している事もあるそうです。また、食害のスピードが緩やかなため、アメリカカンザイシロアリによる被害には中々気づかないケースが多いです。


各種シロアリに関する基礎知識についてはこちら>>

シロアリ駆除情報

シロアリ110番が選ばれる4つの理由

  • 通常のシロアリ駆除(薬剤散布と薬剤注入)で追加料金を頂くことは一切ございません。サービスと料金に自信がございます、ぜひ他社様で同じサービス内容での見積りお試しください。

    追加料金が一切不要
  • シロアリ110 番は365日24時間受付対応。年間多数のお申込みをいただいております。万全の体制と豊富な実績で日本全国のお客さまから日々多くのご相談を承っております。

    24時間対応 年間10000件の実績
  • シロアリ110番は社団法人日本しろあり対策協会の指定工法を採用しているため、日本全国で高品質な施工を提供することができます。

    確実な施工方法
  • シロアリ110番では施工後5年間の保証をお付けさせていただいております。安心してお客様にお過ごしいただくために、ご用意させていただいているアフターサポートです。

    5年間の品質保証で安心

※作業内容や加盟店によって対応できない場合がございます。

  • シロアリ110番が選ばれる4つの理由について
  • シロアリ110番と他社との比較について

おかげさまで皆様からご好評をいただいております

お客様の依頼傾向

  • user_a
    Aさんの場合

    羽アリを発見しました。

  • user_b
    Bさんの場合

    被害を予防することは可能なのでしょうか?

  • user_c
    Cさんの場合

    廊下や部屋の床がギシギシと鳴ります。

  • user_d
    Dさんの場合

    去年シロアリ駆除をしたのに、またシロアリが発生しています。

  • user_e
    Eさんの場合

    ホームページに掲載されている料金と見積りの金額に差はありませんか?

  • user_f
    Fさんの場合

    離島にも受付対応していますか?

施工完了までの流れ

施工完了までの流れ図表※対応加盟店によって作業前に料金の支払いをお願いする場合がございます。

無料現地調査では
無料現地調査では
現地調査で被害状況などを把握できます
状況を丁寧かつ分かりやすくご説明いたします

無料現地調査後の正式お見積りやシロアリ駆除計画などに納得いただけなかった場合は、依頼をキャンセルすることが可能ですのでお気軽にお申込みくださいませ。 ※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

無料現地調査について詳しく
無料現地調査の依頼

無料現地調査の依頼

  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み

シロアリ110番の更新情報